NEWS

HAKU 北村 コラム 39「オレは怒っているの話」

普段は靴職人、北村です。

うおおおおお! オレは怒っているううう!!!
何に怒っているかって?!

それはね……

_人人人人人人人人人人人人人人_
> エスカレーターの乗り方! <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

についてに決まってるでしょうがああああ!!!

うおおおおお!!!

皆さん、エスカレーター乗ってます?
そうそう、動く階段。あれです。

まあ乗りますよね。日常的に。
んでね、どうやって乗ってます?

はい、Aさん!

A「黄色い線からはみ出さないよう乗ります!」

そうですね! 次、B君!

B「手すりをしっかり持ちます!」

えらいね!

ではクロックスのサンダルを履いてるときはどうかな? Cさん!

C「巻き込まれないように気をつけます!」

そうそう、夏場は気をつけないとね!

じゃあ、急いでいる人のために片側を……?

D「もちろん空けて乗ります!」

お前だあああああ!!!!

うおおおおお!!!

片側を! 空けるんじゃ! ねええええ!!!

ぶちころすぞおおおお!!!!

はぁ……はぁ……すみません、取り乱しました。

いやね、乗ってる人が少ないエスカレーターなら良いんですよ。別に片側空けても。

ただめちゃくちゃ混んでるエスカレーターあるじゃないですか? 駅のホームにあるやつとかね。

それよ!

乗り口に人がわんさか溜まってるのに、みんな片側にだけ乗っちゃってさ!

二列で乗ったら倍輸送できるでしょうがああ!!

うおおおおお!!!

わざわざ片側に虚無を乗せて移動するんじゃないよおおお!!!

うおおおおおおお!!!!!

「いやでも……急いでいる人のために片側空けるのがマナーだし……」

とか言うそこのあなたあああああ!!!

そんなマナー無いんですうううう!!!

数年前から駅もわざわざポスターまで作って

「エスカレーターは立ち止まってお乗りください」

ってアナウンスしてるんですううう!!!

ポスターだけじゃなくて、駅員さんが声に出して

「エスカレーターでは歩かないでくださいー!」 

って直に呼びかけたりもしてるんですうう!!!
僕テレビで見ましたああああ!!!

大体ね、空いてる側を通ってる人で、本当に急いでいる人ってどれだけいるんですか?

「疲れてるから本当は立ち止まって乗りたいけど、こっち側は急いでる人用だからなあ……」

と思って、仕方なく歩いてるんじゃあないですかねええ!!!

ええ? どうなんですかあーっ!!!???

この状況を打破すべく、私はもうずいぶん前から空いている側に「あえて」立ち止まって乗るようにしています。

するとどうでしょう!

さっきまで無意味な片側輸送だったエスカレーターが、私の後ろからは本来の二列輸送へと変貌しているではありませんか!!!

後続の人たちは皆こう思ったことでしょう。

「こっち側は急いでいる人用だけど、前の人が歩かないから仕方ないよな……。決して自分がマナー違反をしているわけじゃないんだ……」

と!

そうです。私は自らが悪人の汚名を被ることで、空いている側へ乗る人の罪悪感を無くし、正常なエスカレーターの運用へと導いたのです!

もちろん、私のあとに続く人がいなくて、「マナー違反の馬鹿野郎が一人、本来空ける側に乗ってやがるな(怒)」と冷たい視線を感じることもありますよ。

でもね、それでも私はこの行為を

「や”め”な”い”っ!!!(号泣)」

なぜなら社会全体が「片側を空けるのがマナー」という認識から脱却するためには、多数の意識を「エスカレーターは立ち止まって乗るもの」というふうに変えていく必要があるからです!

「えー、じゃあ、急いでいる人はどうしたらいいんですかあー?」

っていう人!

階段使えやあああああ!!!
階段歩くのもエスカレーター歩くのも大して時間変わんないでしょうがああああ!!!

「は? 階段無いとこもあるんだけど?」

っていうおまえ!

あらかじめ余裕を持って行動しろやあああ!!!

そもそも立ち止まって乗るのは輸送効率だけじゃなく、安全のためでもあるんですううう!!! なんでおまえのチョイ急ぎのために他者の安全性を下げさせようとするんやああああ!!!

ぶちころすぞおおおおお!!!!!(2回目)

さて、このコラムを読んでいるそこのあなた!
今こそエスカレーターの乗り方革命のために私と共に立ち上がろうではありませんかっ!

やることは簡単。片側しか使ってなくて混雑しているエスカレーターに遭遇したら、堂々と空いてる側に「立ち止まって乗る」だけ!

冷たい視線を感じることもあるでしょう。「自分は間違っているのではないか……?」と不安になることもあるでしょう。

しかし! あなたのその一歩が日本のエスカレーターの輸送効率と安全性を高めるのです!

我々は決して同調圧力に

「負”げな”い”っ!!!(号泣)」

集え! 有志よ!

そんなわけで最後にね、2019年に始まった「エスカレーター乗り方改革キャンペーン」をご紹介しておきますよ。

NHK 未来スイッチ 「本気」の乗り方改革、始まりました
https://www3.nhk.or.jp/news/special/miraiswitch/article/article27/

以上、先日エスカレーターの空いてる側に立ち止まって乗っていたら、妻に「後ろから急いでる人来たからさっさと歩いて!(怒)」とキレられ屈した北村がお送りしました。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。