NEWS

HAKU 北村 コラム 29「娘と音楽の話」

普段は靴職人、北村です。

コラム連載を始めた頃は2歳だった我が娘も今や5歳。

現代っ子らしく、毎日YouTubeを観て過ごしております(テレビは全然観ない)。

4歳の頃は聴く曲もまだ子供らしく、幼稚園で習って来た『パプリカ』などを可愛らしいダンスとともに歌っていたものです。

『パプリカ』
https://youtu.be/T0valuAksuo

変化が訪れたのは、昨年の『鬼滅の刃』ブームの頃。我が家もその波に飲み込まれ、主題歌の『紅蓮華』がエンドレスで流れておりました。

『紅蓮華』/LiSA
https://youtu.be/CwkzK-F0Y00

そんなある日、娘の口から「歌の盛り上がるところが好きなんだよね~!」という言葉が飛び出しました。

“ サビ ”の概念が発生した瞬間です。

「子供ながらに心に響くメロディがあるんだなあ」と感心しました。

曲はYouTubeの動画で聴いているのですが、関連動画が次々と表示されるため、娘の知識が芋づる式に増えていきます。

鬼滅のあとはアニメ『呪術廻戦』の主題歌である『廻廻奇譚(かいかいきたん)』にハマり、これまた延々と聴いておりました(アニメ自体は難しいし、怖いのであまり観ていない)。

『廻廻奇譚』/Eve
https://youtu.be/1tk1pqwrOys

「おとうさんはどんなアニメ観てたの?」

と訊いてきたので、懐かしのアニソン動画などを一緒に観たりもしました。

興味深かったのは、娘が『新世紀エヴァンゲリオン』主題歌の『残酷な天使のテーゼ』をかなり気に入ったことです。当時も大ヒットした曲ですが、時代を越え、5歳の子供をも惹きつける魅力の正体とは何なのか気になります。

『残酷な天使のテーゼ』
https://youtu.be/o6wtDPVkKqI

話が少し逸れますが、最近のJ-POPのMV(ミュージックビデオ)ってアニメが使用されているものが多いんですよ。アニメ番組とのタイアップというわけではなく、表現手法としてアニメーションを採用しているという話です。

パソコンやタブレット端末の性能が上がり、個人でもアニメ製作ができる環境が整ってきたため、近年インディーズアニメ界隈がじわじわと盛り上がってきているように感じています。そんな中で、アニメ作家の登竜門的存在になっているのがMVというわけなのです。

話を戻しますと、現在のYouTube上には、アニソンから入った娘が一般のJ-POPに馴染むための道筋がなだらかに整えられているということなのです。

実際、娘はYOASOBIの『夜に駆ける』や、ずっと真夜中でいいのに。の『秒針を噛む』をいつのまにか視聴し、気に入っています。どちらもMVがアニメになっているので受け入れやすかったのでしょう。

『夜に駆ける』/YOASOBI
https://youtu.be/x8VYWazR5mE

『秒針を噛む』/ずっと真夜中でいいのに。
https://youtu.be/GJI4Gv7NbmE

さらにこの後『うっせぇわ』という楽曲が流行ります。当時現役女子高生だったAdoさんのパワフルな歌声が話題となり、テレビでも取り上げられていたのでご存知の方も多いかと思います。当然ながら娘も毎日歌っておりました。

『うっせぇわ』/Ado
https://youtu.be/Qp3b-RXtz4w

この曲が橋渡しとなり、今度はボーカロイド曲(通称ボカロ曲)の沼へと入って行くことになります。

ここで「ボーカロイドって何や?」という方のために解説をしておきます。

“ VOCALOID(ボーカロイド)とは、ヤマハが開発した音声合成技術、及びその応用製品の総称である。略称としてボカロという呼び方も用いられる。メロディーと歌詞を入力することでサンプリングされた人の声を元にした歌声を合成することができる。”

※フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用

要するにボカロ曲とは、ボーカルパートが生身の人間ではなく、ボーカロイド上の人工音声によって作られている楽曲のことを指しています。

ボカロ曲を聴くようになって思ったのは、娘が気に入る率がかなり高いということです。子供の感性に触れる何かがあるのでしょう。

以下、娘のお気に入りボカロ曲です。

『千本桜』
https://youtu.be/shs0rAiwsGQ

『ロキ』
https://youtu.be/Xg-qfsKN2_E

『シャルル』
https://youtu.be/TA5OFS_xX0c

『シャルル』なんてかなり面白い曲ですよ。僕自身も衝撃を受けてしまいました(4年も前の曲なんですけど)

今やボカロP(ボカロで曲を作る人)は音楽業界への入り口の1つになっております。米津玄師さんもデビュー前はボカロ曲を作ってネットに投稿してたわけですしね。

『マトリョシカ』/ハチ(米津玄師)
https://youtu.be/HOz-9FzIDf0

今回挙げたボカロ曲はどれもかなり古いんですけど、YouTubeには面白い曲が日々アップロードされてます。新しいのだと僕はこの曲が良いなあと思いましたよ!(MVもめちゃめちゃかわいい)

『テレキャスタービーボーイ』
https://youtu.be/i-DZukWFR64

そんなわけでボカロ曲食わず嫌いの人も聴いてみると、新しい出会いがあったりして良いんじゃないかなーと思っております。

以上、娘がゲーム『太鼓の達人』でボカロ曲を演奏するのにハマっている北村がお送りしました。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。