NEWS

HAKU 北村 コラム 25「アニメの話」

普段は靴職人、北村です。

明けましておめでとうございます。
いやあ、このコラムも3年目に突入ですよ。

新年最初の回ですが、どうせみんな家でダラダラしてるだろうから、最近観た面白いアニメでも紹介しようと思いますよ。

Amazonプライムビデオで現在無料で見られるやつばかりなんで、会員の人はすぐ観れて嬉しいねっ! 会員じゃない人も30日間無料体験とかあるからねっ!

「面白いアニメ」と言っても、昨今大ブームの『鬼滅の刃』とか、ファイナルシーズンに突入した『進撃の巨人』とか、ポスト鬼滅と言われてる『呪術廻戦』などは当たり前に面白いんで今回は外しまして……

「期待してなかったけど観てみたら意外と面白かったアニメ3選!」

というくくりでやろうと思います。
ではスタート!!!

第3位『ボールルームへようこそ』

https://www.amazon.co.jp/gp/video/detail/B073R2XQSZ/ref=atv_dp_share_cu_r

2017年の作品。

タイトルのボールルームってのは「舞踏室」って意味だそうです。

主人公の中学生男子が、とあるきっかけで社交ダンスを始め、のめり込んで行くお話です。社交ダンスっていうか “競技ダンス” って言うんですかね? 大会で点数を競う、いわばスポーツです。

まずテーマが地味じゃないですか? 社交ダンスですよ? アラフォーの人は映画『Shall we ダンス?』か、ウリナリ芸能人社交ダンス部のイメージしか無いでしょう? 僕もです。

でもねー、面白いんですよ。完全にスポ根アニメですよ、これ。競技カルタをテーマにした『ちはやふる』なんかと同じ感じです。マイナー競技をアツい戦いとして表現している!

ダンスによる対決シーンが盛り上がるんですよ。スピード感があって、映像も非常に美しいなあと感じます。

僕は社交ダンスの知識が全く無いので、新しい世界のことを一から学べるのも楽しかったです。

最初観たとき、絵柄が『ハイキュー!!』に似てるなあと思ったんですけど、調べてみたらアニメのキャラクターデザインをされている方が同じ人でした。

『ハイキュー!!』好きな人は親しみやすいかもねっ!

第2位『喰霊 -零-』

https://www.amazon.co.jp/gp/video/detail/B00FIZAVGU/ref=atv_dp_share_cu_r

2008年の作品。読みは「がれい -ぜろ-」です。

まず『喰霊』っていう漫画があって、それの前日譚(シーズン0)にあたる話のようです。僕は本編を知らずにこの作品だけを観たんですけど、全然問題ありませんでした。

最初に上記URLにある絵ご覧ください。女子高生が剣を持っていますね?

イラスト・漫画・アニメでは、大体かわいい女の子に剣を持たせとけば良いんですよ。それで成り立ちますから。世の中のイラストレーター、漫画家、アニメ製作者の98%はかわいい女の子に剣を持たせたことがあるんです(偏見ですよ)

実際僕も「あ、はいはい、世の中に6兆個あるありふれた作品の1つね(笑)」と思って見始めたんですよ。でもこれがね、良い意味で期待を裏切られました。

まず第1話。今まで観たアニメの中でおそらく一番唖然とさせられたんじゃないですかね。見終わったあと「は???」ってなりましたから。んで気になって2話目観るじゃないですか? このアニメね、毎回最後の引きが上手いんですよ。そのまま3話、4話と見続けちゃうんです!

バトルものだと「味方だったキャラが操られたりして敵になる展開」ってよくあるでしょ? このアニメはそれ自体が本筋なんですけど、特筆すべきは敵になってしまったキャラクターの描写、これが斬新だなあと感じました。観ていて本当にゾクッとしたし、かつての仲間と戦うことになった側の心情にも入り込んでしまいました。

構成が素晴らしいので、とにかく予備知識無しで観て欲しい作品です。

第1位『とらドラ!』

https://www.amazon.co.jp/gp/video/detail/B00FHNJP4C/ref=atv_dp_share_cu_r

2009年の作品。学園が舞台のラブコメ。

物語の中心となる男女がいて、2人はそれぞれ別の相手に思いを寄せている。互いの恋心を知った2人は各々の恋を成就させるために共同戦線を張る……というのか大まかなストーリー。

「最終的にはこの2人がくっつくんでしょ?」と誰もが思うことでしょう。

そうなんです。その予想を1ミリも裏切ることなく話は進んでいきます(笑)

まさに王道の青春物語なのです!

それなのに何でこんなに面白いのか……考えてみました。

まずこのアニメ、各キャラクターの個性がめちゃめちゃ際立っており、それに伴った突飛な行動でついつい一緒に笑ったり泣いたりしてしまうんです。それが爽快!

しかし、だからといって現実離れしているわけでもなく、個々のエピソードを重ねることでリアリティも持たせています。脚本が上手いねっ!

あと、登場人物が基本みんな良いやつなんで、嫌な気分になることが無いってのも視聴しやすいポイントです。

主要キャラが5人いるんですけど、それぞれに悩みがあり、周囲と関わりながら何かしらの結論を出して前へ進んで行く。こういうのどうですか? 僕は大好物です!

キャラの個性が際立っていると言いましたが、ヒロインの「逢坂大河」は、とりわけインパクトが強いです。いわゆる “暴力系ヒロイン” なんですけど、躊躇が無さすぎて、なんかもう逆に笑えます。これを笑いに昇華できているのは、被害を受ける主人公の高須竜児くんが聖人であるおかげでしょう。

青春は悩みと共にあり! 大人になって随分経ったあなた、今すぐ観てみよう!

いかがだったでしょうか? イトノワライフの客層を全く考慮しないこのランキング。好みに合わなくても文句言いっこ無しですよ。

それでは最後に大事なことを言って終わりたいと思います。

あのねーっ!!!

アニメを観るときは精神年齢を主人公と同じくらいに持っていくんやーっ!

10代20代をターゲットにしたアニメを、大人が冷めた目で観ても面白いわけがないんやでーっ!

解き放て! あの頃の僕(私)!!!

以上、『進撃の巨人』はやっぱり面白いなあと思う北村がお送りしました。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。