NEWS

HAKU 北村 コラム 16「パンドラの箱の話」

普段は靴職人、北村です。

なんかさー、「ダメなことや嫌なことなのにやっちゃうこと」ってあるじゃないですか? 「怖いのにホラー映画観ちゃう」とか「クサいのに足の臭い嗅いじゃう」みたいな。

好奇心には勝てないってことなのかなー? たしか『パンドラの箱』ってもそんな話ですよね。

“【パンドラの箱】ギリシャ神話で、ゼウスがすべての悪と災いを封じこめて、人間界に行くパンドラに持たせた箱。パンドラが好奇心から開けたため、人類は不幸にみまわれるようになり、希望だけが箱の底に残ったという。”
※『大辞林 第三版』より引用

今回のコラムもパンドラの箱的な側面があるんですよ……。人によっては読まない方が良いかもしれません。好奇心に駆られ、大変なことが起こる可能性があります。それでも構わないという方だけ読み進めてください。

後悔……しませんね? オッケーオッケー、話を進めましょう。

さっきの話、まあ僕はホラー映画は観ないし足の臭いも嗅がないですけど、ついつい見続けちゃったものがあるんですよ。それは、

_人人人人人人人人人人人人人人人人_
> ただひたすら角栓を取る動画! <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

“角栓(かくせん、keratotic plug)とは、皮脂腺から分泌された皮脂や周囲の角質が毛穴中で凝固、発達したもの。 ”
※『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用

僕は42歳のおっさんなので角栓はもはや無いんですけど、20代の頃なんかは鼻のあたまを押すとむにっと出てましたよ。

角栓を取る瞬間って気持ちいいですよねえ!
しかし、残念ながら自己処理で無理に角栓を除去するのは良くないと言われております。

でも大丈夫。自分のお肌を傷付けることなく、思う存分角栓除去の瞬間を見ることができる方法があります。

そう! 毎度おなじみ『YouTube』です!

奇特な方が様々な角栓動画をアップされておりますよ。

角栓の取り方は大きく2つに分けられます。

・押し出し方式
・引き抜き方式

「押し出し方式」は皆さんやったことあるんじゃないですかねー? 角栓周りの皮膚を圧迫して押し出すやり方です。

でも僕が好きなのは「引き抜き方式」、これです!
ピンセット等の器具を使って角栓自体をつまみ、ちぎれないようにゆっくりと引っぱって取り除きます。大きい角栓がスポンと抜けたときの気持ち良さと言ったら! いやあ、あの快感何なんですかねっ!?

「引き抜き方式……良さそうだな」と思った方はこのワードを覚えておいてください。

「ロング角栓」

ロング角栓……それは長い角栓。

ロング角栓を引っぱり出すには絶妙な力加減が必要。力を入れすぎたり、スピードが速すぎたりすると、角栓がちぎれてしまうのだ!
「は、早く角栓を引き抜きたい……!」という己の欲望をコントロールしつつ、慎重にミッションを遂行してゆく。ロング角栓が抜けたとき、あなたは大きな達成感に包まれることであろう!

……さて、ここまで読んだあなたはすぐにでもYouTubeの検索窓に「ロング角栓」と入力したい衝動に駆られていることでしょう。

しかーし! 最初に警告したとおりこれは「パンドラの箱」なのです。
好奇心のままに行動してしまうと、のちに大いなる災いを引き起こします。

災い……それは角栓動画を見続けた結果、YouTubeのトップページが角栓関連動画で埋め尽くされてしまうことです!(体験済)

サムネイルがね、なんかグロいのが多いんですよ……特に海外のやつとかね!(泣)

それでも見たいというパンドラさんには、映像が比較的マイルドなこちらのチャンネルをご紹介します。

※閲覧注意

「角栓クラブ《keratinplug club》」
https://www.youtube.com/channel/UCj2b9Qsi4AvNoqP2SrUjLvg

軽快なBGMにのせて、ただひたすらに角栓を除去してゆくチャンネルです(笑)
登録者4万人いますからね。びっくりです。

あと、同種の快感として「ひげ抜き」も併せてご紹介しときます。無論、YouTubeにはこれらの動画もたくさん存在するのです。

※閲覧注意

「ヌキヌキ討抜隊」
https://www.youtube.com/channel/UCg-ctclYWQNzmas7jUgpp1g

いやあ、抜くのってホントに気持ちいいですね!(下ネタみたいになったな!)

おまけ:KOSE「角栓ができる原因とは? 角栓の正体を知って正しくケア」
https://maison.kose.co.jp/article/g/gskincare-20190726/

以上、「イトノワライフさんはとてもおしゃれなお洋服と雑貨のお店です!」と声を大にして言っておきたい北村がお送りしました。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。