NEWS

北村コラム 1「星の話」

北村です。普段は靴職人をしています。

イトノワ店主の渋谷さんに、
「コラム書いてください。でないと殺す」
と言われたのでコラム書きます。

8月頃の話なんですけどね。二歳の娘が月に興味を持ち始めたので、寝る前にお月さまチェックをするのが習慣になりました。月が出てないときは、手のひらを合わせてほっぺに添えるポーズをしてくれるんですよ。
“お月さまねんねしてる”の意味みたいです。我が子マジ天使。

そんなわけで毎晩空を見上げてたんですけどね、前日まで見えてた月がなぜか突然見当たらなくなったんですよ。

「んんー? 月どこ行った? 方角が違うのかな?」

そう思って近所をぐるーっと回ってみたんですけどね、やっぱり無いんです。
困るとすぐインターネットに頼る現代っ子(現代っおじさん)なので検索検索っと。

「月 見えない なぜ」

はい出ました。えーなになに……

“月が出始める時間は一日ごとに30分〜1時間10分ほど(平均すると約50分)遅くなります”

そうなの?! え、ということは今日の月の出が夜9時だとしたら、明日は9時半〜10時、三日後には12時くらいになるってこと!? 一日ごとにそんなに変わるの?!

それ全然知らなかったんですけどぉぉぉ!!!あああああ!!!!

おや? 興奮してるの僕だけです? 言われてみれば小学校で習ったような気も……

だって先入観で夜空には月があるものだと思い込んでましたからね!
そもそも月の満ち欠けばかりに目がいって、出入りの時刻のことなんて頭に無かったんですよ!言い訳ですけど!

そっかあ……だから8月上旬はずっと月が見えなかったのかあ(月の出が真夜中なので)。

娘が小学生になる前に知れて良かったな、これ……

月についての無知を晒したところで、次は他の星の話をしましょう。

星同士の大きさの比較図とかって見たことあります? あれ僕好きなんですよ。なぜ好きなのか考えてみたんですけどね、一種の怖いもの見たさだと気付きました。想像を超えた星の大きさにゾクッとするんです。

「太陽ってプロミネンス(炎みたいな部分)だけで地球よりでかいとか怖すぎるやろ……」

「夏の大三角形のデネブって太陽より200倍もでかいやんか……想像が追いつかんで……」

「オリオン座のベテルギウスは太陽の1000倍やと!? 宇宙どうなっとるんや……」

「たて座UY星は太陽の1700倍ぃぃいい!!!??? あばばばばば!!!!!」

いやだってね、星って地上からみたら「おほしさま」ですけど、実際目の当たりにしたらむちゃくちゃ怖いと思うんですよ。人智を越えた物に対する畏怖とでも言いましょうか。

「でかくて丸い」。この単純さがもうなんか逆に怖いですよ。理解してくれる人はいるでしょうか?

そう思って検索してみると、僕と同じように “星が怖い” という人が結構いたんですよ!
『天体恐怖症』とか言われてるみたいですね。というか調べ続けてみると、○○恐怖症って無数にありすぎるんですけど!

『巨大物恐怖症』や『球体恐怖症』なんてのもありました。やはり「でかい」も「丸い」も恐怖の対象となり得るみたいですね。

まあずっと怖い怖い言ってますけど、本当は見れるもんなら間近で見てみたいんですよ。実物の星。

というわけで最後に「怖いけど見たい太陽系の星ランキング」を発表して終わりたいと思います(主観です)。

8位:火星
NASAによる地表写真もあるし、怖さはあまり感じない。住めそう。

7位:金星
地球のご近所なので馴染みがある。あと肉眼で見えるのも親近感。

6位:水星
岩でできてるという安心感。太陽系で一番小さいのでかわいい。

5位:海王星
詳細が分かってないのが怖い。なんか青くてきれい。

4位:天王星
詳細が分かってなさすぎるのが怖い。

3位:太陽
地球の100倍という圧倒的でかさが怖い。燃えすぎてるのも怖い。

2位:木星
表面の模様がキモいし怖い。でかいし、ガス惑星ってとこもキモい。

1位:土星
もうなにしろあの環が怖すぎる。それに尽きる。

土星、堂々の1位です!おめでとう!

……以上、子供の頃は宇宙飛行士にあこがれた北村がお送りしました。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。